広告効果が出ない・・・話。その道の方!アドバイスください。

DTMを広げる大作戦!失敗中!

表題のとおり、最近各方面に広告をうっています。最近だと北摂津版ぱど、クーポンブックへの掲載などが新しいですかね・・・。紙媒体はポスティングとフリーペーパー広告とあとは手持ちで知り合いや配れる機会に配る等を実践しましたが・・・効果は低い・・・。

広報の目的ですが、願わくは私の移動可能な範囲をDTM大国にしたいと思ってやっております。DTMの良さを知ってもらうと共に、楽曲が作られるスタイルの拡大につなげたいのが狙いです。ですがまったくの新規の方に中々広まらない!!てか理解してもらえない!というか「パソコンで音楽を作る。」という行為と説明すると「パソコン苦手」「楽譜読めない。」と言われてしまいDTMの良さを説明する前にシャットアウトされてしまいます。泣

広告そのものも色々と試行錯誤中なのですが、やっぱりDTM自体がマイナーなのか私の問題なのか、そもそも楽曲制作とか興味ない人がほとんどなのか・・・。効果がほとんど出ません・・・。単純に作曲してみませんか?とかのほうが受けがいいのかもしれないですね。

広報って難しいものなのですね・・・。費用もデザイン他もそうですが一言で説明しにくい技能などは一般広告スタイルでは効果ないですね・・・。また一つ勉強になりました。やはり既に専門的な何かとっかかりのある方に手渡しで説明していく方が効果的ですね。そしてDTM自体を広めるにはまったく関係の無いジャンルを利用して広めるようなやり方で無いと広まりませんね。

そうなると、まずはピアノやギターのようなメジャーな楽器を押しのけるか、肩を並べてみてもらう必要があるんですよね・・・汗 ぶっちゃけ今から音楽やるならDTMできないとか致命的だと思うのですが・・・ちょっと極論過ぎますかね・・・。

皆さんどんな風に、比較的マイナーなモノへの興味をそそっておられるのか気になります・・・。まぁローラー戦とかではなく何といいますかピンポイント戦術みたいな方法がありそうなのですが・・・DTMをそれにどう生かすのかが・・・まだ解らない・・・。というか既にDTMに興味がある人に~ってなると全然このジャンルの可能性が伸びない・・・。というか音楽家の方でもDTMをしっかり触れる人ってまだ少ない印象がありますからね・・・。

比較的、最近のマーケティングや広報などの書籍を読ませてもらうとやはりSNSへの影響力を強める方法などが目に付きますが・・・やはり私にはSNSの才はないらしく・・・ツイッターもフェイスブックも全然苦手なんですよね・・・。どーでもいいことがガンガン出てったり、DTMや音楽に関してだけですが、確実に間違っている情報が平気でありますからね・・・。というか実践を伴わない薄っぺらい情報が多いと言い換えるべきでしょうか。

最近はとりあえず色々なWebサービスをとりあえず試したりしてますが、やはり自分のこのサイトをベースにするのが一番なのではないかと最近思います。

営業経験も、スタジオ勤務時代に電話営業をしてたぐらいの経験しかないので、もっと新しい方からも楽曲制作やアレンジのご依頼をいただくにはやはり企業さんとかにもどんどんアピールしていかないとダメですよね。

総括すると・・・。

「みなさんどーですか!DTMやりませんか~~~!!人生かわりますよ~~!!!」

って駅とかで叫び続けて変人扱いされ、各SNSに取りあげられた方が知名度上がる気がします。(オイ

はい、ということでぐちっぽくなってしまいましたかね・・・。フリーBGMの制作を少しづつ初めて行きます。

また動画も遅いですが地道に作っておりますのでお楽しみに。では、また次回。