WAVES GOLDを使い尽くす⑨「S1の利便性と危険性」

Wavesバンドルを始めて買うなら、サウンドハウスをオススメしています。

GOLDに付属する強力な空間系プラグイン

第9回目です。リバーブディレイ①ディレイ②ときまして、今回は「S1 Stereo Imager」の話をしたいと思います。

GOLDバンドルにバンドルされている空間系

  • Renaissance Reverb
  • TrueVerb
  • IR-L Convolution Reverb
  • H-Delay Hybrid Delay
  • SuperTap
  • S1 Stereo Imager

S1 Stereo Imagerは極力使わないようにしている話

今回は前回までとは違いちょっと文章によるが中心になってしまうと思いますがご了承ください。

まず、このS1自体は非常に強力なステレオイメージャーです。特に私の場合はピアノなどがダダかぶりするのを防いだり、場合によっては弦楽器のセクションをコレを使って振り分けることでシネマンテック系の迫力のあるステレオイメージに近づけるような方法で使用します。

ですが、私は極力使わないようにしてます。またこのS1には「Shuffler」や「MS Matrix」などの用途に応じた別バージョンもGOLDに付属してきますが、こちらも同様に使用は控える傾向があります。

特に「MS Matrix」は今や、EQなど他のソフト内でのMS処理が可能な時代となっており、いちいちLRをMSに変換して再度読み込み、個別の処理を施した後またLRにリコンバートする手順はかなり手間な上にやり直しとなるとまた戻ってやり直しになりますので効率は悪くなってしまいます。

では、なぜ私がそこまで敬遠するのか?という話をしていきたいと思います。

S1は強力すぎるステレオイメージャー

まず、S1は本当に強い力でステレオイメージを変更できます。その際たる例が、スピーカーの外側に広げる「逆位相(逆相)」に近い状態にまで持っていけてしまいます。

ソフト側の操作ですと、赤枠の「Width」のパラメータが初期値である「1」以上になった時から徐々に「逆相」になっていくように感じます。

この「逆相」の状態は、ほとんどのエンジニアさんが避けている状態だと言えます。単純せつめいしますと、音の波が互いにぶつかり音が打ち消しあいが起こる可能性があり、ステレオのスピーカーの場合センターの成分から強く打ち消され始め、けっかスピーカーの端っこや外側から聞こえるようになるという現象を引き起こします。

一見MSっぽいことをMixで出来るように感じますが、私が試した限りではこの逆相状態のトラックを上手く使い全体のMixを良くすると言うのは最高難易度と言ってもいいほど難しいと思います。正直こんなことをしなくても空間成分を美味しく配置しておくほうが聞いていて絶対に気持ちいいと思います。

このプラグインは結構生徒さんでもステレオ感を強くするためにレッスンに来る前のトラックで多用している方たまにいらっしゃいますが、逆相の状態が多い2mixは音圧感も音量感も稼ぐのはドンドン難しくなります。

そればかりか、モノラル環境の再生をしなければならない時などは本当にスッカスカのサウンドになってしまいます。

まずはそこを理解して使わないと、このプラグインはせっかくの曲を台無しにしかねない破壊力を持ったある種爆弾プラグインなのです。

更には、使わないに越したことはない。

私のように自己完結型の制作スタイルができる。自分でRECする場合そのすべての工程を一人で行なえる。またはRECを頼む場合でも相手の理解度や熟練度が高い方が多い。
と言う状態の場合、基本的にステレオイメージで困ることは無いはずです。

特に音源による制作の場合は、ステレオ感が重視される楽器の専用音源は、どんどん進化を遂げておりそのほとんどがソフト内でほぼ完璧なステレオコントロールを持ちます。

もちろんそこを「S1」で代用してもいいですが、正直なところ二度手間に感じます。

これを重宝する場合と言うのは、やはり同じ楽器でもREC日やスタジオ違いが出たり、マイクポジが違うなど色々な条件下の生録のデータそのものを受け取るエンジニアさんだと思います。

ですので、DTMerは極力使わないほうがよいと言うのが私の考えです。

やはりパンニングとフェーダーバランスでしっかりキッチリしているMixに勝るもの無しだと思います。ちょっと否定的な内容になりましたが今回はここまでです。

次回は変調系モジュレーションやフランジャーなどの効果を持つプラグインやもし空きが出そうなら、簡略化系プラグインもやっていきます。

それでは次回をお楽しみに。